川の鳥見日記2

kawanotori.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 18日

ロキノン14mm f2.8 レンズ (for PENTAX)

ペンタックスk30で星の写真を撮っているともう少し画角が広ければと思うことがあります。
そんな時、星の写真を撮っている方のホームページでサムヤン14mmf2.8レンズ(韓国製)を知りました。
APS-Cカメラでも21mmと広角になり、F値も2.8と明るいので星の撮影にはピッタリのようです。
アマゾンほか色々なネット販売のホームページを見たのですが、今は入荷待ちで年末入荷予定とのこと。
諦めきれずに色々探していると、アメリカのアマゾンに「ROKINON」の商品名で売っているのが分かりました。
少し高めでしたが、早速ポチッて、先日ようやく現物が届きました。
k30に付けた様子はこれです。
c0075539_2172423.jpg
c0075539_21740100.jpg

電子接点がないので、国産の同程度の性能のレンズに比べるととても安価です。
c0075539_21101115.jpg
マニュアル専用なのですが、星の撮影ではもともとAFは無理なので関係ありません。しかもペンタックス用はAモードにあわせれば、AF以外の全てが使用可能です。
実家に帰った時に家の前で画角を確認してみました。
ペンタックスQ+スタンダードプライム35mm判換算42㎜で撮った西屋敷山
c0075539_21144286.jpg

k30+ロキノン14mm、35mm判換算21mmです。
c0075539_21164448.jpg

夜に星空を
c0075539_2117305.jpg


福岡の自宅からテレビ塔を
c0075539_21185468.jpg

周辺減光や歪曲収差が気になるとの記述も多かったのですが、私としては全然気になるレベルではありません。
真ん中を当倍に切り出してみました。
c0075539_21223170.jpg

描写もくっきりで風景写真にもピッタリです。

昨夜、星空もとってみました。露出時間は10秒です。
c0075539_21205442.jpg

これ以上長くすると街明かりで白く飛んでしまいます。
c0075539_21215159.jpg

少し重たいレンズですが、写真を撮っているという感じも強く、楽しいです。
是非近いうちに天の川にチャレンジしてみたいと思います。
[PR]

by kawanotori | 2013-09-18 21:23 | カメラ・レンズ


<< アカハラダカ 烏帽子岳      トケンと鷹の渡り >>