川の鳥見日記2

kawanotori.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 29日

ぐるっと回りましたが・・・。

今日は晴れの予報だったので、今津から一回りすることにしました。
まずは、ミコアイサを探しましたが見つからず・・・。
荒れた畑に数羽入っていたホオアカ
c0075539_18483320.jpg

モズ
c0075539_18492481.jpg

など、撮りましたが、チョウゲンボウも見つけられません。
運動公園にも寄ってみたのですが、ヒヨドリの鳴き声くらいでした。
湾は干潟が広がっていたので、ウミアイサが岸の近くを泳いでいました。
c0075539_1852990.jpg

堤防にユリカモメ
c0075539_18523876.jpg

干潟で、多分只カモメ
c0075539_18532269.jpg

ツクシガモ
c0075539_18534256.jpg

タゲリ
c0075539_1854029.jpg

ハマシギ
c0075539_18545112.jpg

池に回ってヘラサギ、
c0075539_18553166.jpg
4羽いました。

ここで今津を後にして、18日に綺麗に撮れなかったビロキンが今日の天気なら綺麗に撮れるだろうと期待して移動したのですが、今日は朝から見られていないとのこと。
昨日も見られなかったようで、もう北の海に戻ったのかもです。
スズガモ
c0075539_185846.jpg

を数枚撮っただけで引き揚げました。

午後からは久しぶりに映画を見に行きました。「麒麟の翼」です。ドラマの時から気に入っていたので期待して行きましたが、なかなか良かったです。歳を取ったせいもありますが、涙腺が緩んでほろりとしてしまいました。派手さはないのですが、是非続編を作って欲しい映画です。
[PR]

by kawanotori | 2012-01-29 19:01 | 水辺の鳥
2012年 01月 28日

リュウキュウサンショウクイとジョウビタキ

今週は福岡です。今朝はまず、川を覘いてみました。川の方は、鳥の気配は全くなく、ムクドリの群れを見たくらいでした。
すぐに山に移動してCさんにお会いしました。
サンショウクイがいるとのことで、すぐにやって来ました。
c0075539_18504261.jpg

虫を捕まえて、近くの枝で食べていました。胸が黒いことからリュウキュウサンショウクイです。地元の公園では只のサンショウクイばかりでしたから、見るのは久しぶりでした。
c0075539_18473131.jpg

シロハラではないような,ツグミ系の鳥が居たのですが、こちらは確認できずでした・・・。

移動しようと車の所に戻ったら、ジョウビタキの♂がカカカと鳴いていました。
ようやくジョウビタキを見かけることが多くなったような気がします。
c0075539_18511314.jpg

Cさんは、新兵器で撮影されています。私も、7D+545の手持ちで頑張ってみました。
c0075539_1853645.jpg


この後、移動した場所には、結構小鳥が集まっていました。
エナガ
c0075539_18543340.jpg

メジロ
c0075539_18545796.jpg

ウグイス
c0075539_18552079.jpg

イカル
c0075539_18554593.jpg


Cさんの持っていた新兵器(PL1s)が欲しくなり、キタムラで40Dを下取りにして手に入れてしまいました。
まだ、扱い方が良く分からないのですが、ぼちぼち試してみたいと思います。
[PR]

by kawanotori | 2012-01-28 18:58 | 山野の鳥
2012年 01月 23日

コミミズク 追加アップ

先週のコミミズク。遠かったのですが、何枚も撮ったので少しだけ追加のアップです。
c0075539_1959361.jpg
c0075539_19595440.jpg
c0075539_2001759.jpg
c0075539_2004890.jpg
c0075539_2012153.jpg

c0075539_2022911.jpg

大自然の中で悠々と飛び回る姿は感動的です。
[PR]

by kawanotori | 2012-01-23 20:03 | 熊本県
2012年 01月 22日

ギンムクドリ

時間は前後するのですが、今朝は6時半過ぎに実家を出て、猛禽探しに出掛けました。
実は、昨日夕方も行ったのですが、薄暗くなった田圃ですぐ車の前にコチョウゲンらしき鳥が止まっていたのに気づかず、飛ばしてしまっていたので、コチョウゲンかハイチュウをと期待して出掛けました。
しかし、今にも雨が降り出しそうな天気で、7時を過ぎても薄暗いです。8時前まで、うろうろしましたが、猛禽類は全く飛ばず、電線に止まるタヒバリを見たくらいでした。
c0075539_2125229.jpg


ふと、先日聞いたまだギンムクドリがいるという話を思い出し、少し足を伸ばしてムクドリを探してみました。
以前、ムクドリが群れていた所に今朝も数十羽のムクドリが居ます。
ギンムクが居ないかと、双眼鏡で探していたら、一番近くに2羽止まっていた内の1羽ががギンムクでした。
c0075539_21565786.jpg

暫くギンムクの撮影会となりました。
c0075539_2159762.jpg

天気が良ければ良かったのですが、
c0075539_2202994.jpg

それでも近かったのが救いでした。
c0075539_2211370.jpg

何かに驚いて、ムクドリが一斉に飛び立った所で私も実家へ戻りました。
c0075539_2225157.jpg


一度会えると、またすぐに会えると良く言います。ハイチュウ♂もそうあって欲しいです。
次回帰った時にもう一度挑戦してみたいと思います。
[PR]

by kawanotori | 2012-01-22 22:05 | 大分県
2012年 01月 22日

やはり少ないです。

土曜日、実家に帰って裏山へ登ってみましたが、ルリビもベニマシコも来ていないようでした。今年は無理かなと少しガッカリして実家に戻ると、裏庭からヒッヒッとジョウビタキの鳴き声です。
♂でした。
c0075539_2155183.jpg

しかし、すぐに山の方へ飛んで、今日は姿も見られませんでした。

今朝は、車で出掛けて帰ってきた時にミヤホを見ました。カメラを向けたのですが、枝被りでボツ。
実家の庭先から、ホオジロ
c0075539_219110.jpg

暫くホオジロを見ていると、ピリリピリリとサンショウクイの鳴き声です。
向かいの山の何処かにいるようなのですが、見つけられません。ようやく、飛んで行く姿を見ることが出来ました。
c0075539_21122223.jpg


少し近所を回って、櫨の木に集まる小鳥を見つけました。
エナガ
c0075539_21134833.jpg

コゲラ
c0075539_211416.jpg

メジロ
c0075539_21141488.jpg

他には、ヤマガラ、シジュウカラ、シロハラも来ていました。

今年は実家の庭の南天の実が綺麗です。
c0075539_21162571.jpg

難を転じて福をもたらしてくれると良いのですけどね。
父親を実家に連れ帰って一緒に昼飯を食べました。今日は眠ってばかりで、実家に帰ったのかも分かっていないかもですが、連れて帰ることに意味があるのではと考えることにしています。
[PR]

by kawanotori | 2012-01-22 21:19 | 実家の鳥達
2012年 01月 21日

オシドリとジョウビタキ

土日で実家に帰っていました。
土曜日は、帰る前に久しぶりに隣町へ行ってみました。山の池を覘いてみると、オシドリの鳴き声が。奥にいるのが分かったのでそっと登っていたら、突然脇からオシドリが飛び立ちました。
c0075539_2057592.jpg

ありゃりゃ、こちら側にも居たのですね。♀は先に飛んでしまい、♂だけ何とか撮れました。
c0075539_20583293.jpg

静かになった池を後にして歩いていると、ヒッヒッとジョウビタキの鳴き声です。
今年はまともに撮っていないので、じっと待っていると出てきました。
c0075539_2101145.jpg

c0075539_2103760.jpg

その後、川を上流へと移動してヤマセミ、カワセミを期待しましたが、鳴き声も聞けませんでした・・・。
[PR]

by kawanotori | 2012-01-21 21:01 | 福岡市近郊
2012年 01月 19日

コミミズク

昨日18日は午後から、九州一の山へコミミを見に出掛けました。現地はさすがに高原で、草原には雪が沢山残っていました。
2時半過ぎに着いて、暫く見ていると遠くにコミミ発見です。
まずは、証拠写真から、
c0075539_2143571.jpg

と、左手から来たのはハイチュウ♀でした。
c0075539_21451930.jpg

数日前は、ハイチュウ♀が飛んだ後、コミミが出なくなったという話を聞いていたので心配しましたが、暫くした後、またコミミが飛び始めました。
c0075539_21465041.jpg
c0075539_21471540.jpg

だんだん近づいてきましたが、500mmテレコン無しでは小さいので、どれもかなりトリミングです。
c0075539_21485438.jpg

少し見下ろす感じなので、雪原を飛び回るコミミという感じになりました。
c0075539_21502030.jpg

c0075539_21594845.jpg
と、1羽に気を取られていたら、初めて聞く変な鳴き声の鳥がやって来ました。これが別個体のコミミで、すぐ近くの岩に止まりました。
c0075539_21521858.jpg

伸びをした所を少し大きく
c0075539_21533751.jpg

こちらも飛んだ後、画像の確認などしていると、手前の草むらから鳥が飛び立ちました。
何とハイチュウ♂でした。
c0075539_21553380.jpg

いつ来たのか、もう少し早く気づいていれば・・・。一度も振り向かないまま、飛び去ってしまいました。

4時前から、全く飛ばなくなり、暗くなり始めた4時半過ぎに現地を出発しました。
[PR]

by kawanotori | 2012-01-19 21:57 | 熊本県
2012年 01月 18日

ビロードキンクロ

今日は休みでした。地元の川に珍しいカモが入っているということで、家内を職場に送った足で行ってみました。
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモの群れの中にいるとのことで探してみました。
最初は、ホシハジロやキンクロハジロの♀などと間違っていたのですが、1羽だけチョッと外れて泳いでいる鳥がいます。
双眼鏡で見てみると、ビロードキンクロでした。初認です!
c0075539_22365275.jpg

嘴に橙色部(この個体はピンク色ですが)があることから、♂若ということです。
c0075539_2239895.jpg

この手のカモは、北海道でも行けば、湾内の近い所で見るチャンスは多いでしょうが、九州で、しかも割りと近くで見れるというのはなかなか無いのではないでしょうか。
パタパタした時に、次列風切の白が見えました。
c0075539_22445250.jpg

ホシハジロと
c0075539_2245504.jpg

今月2種目のライファーです。今年はこの調子で、何とか撮影種300を達成したいものです。

他には、カンムリカイツブリ
c0075539_22561456.jpg

スズガモ♀
c0075539_22565448.jpg

などを撮って一旦家に帰りました。

午後からは、これを見にプチ遠征しました。
c0075539_22584082.jpg


今日は一日でかなりの写真を撮ったので整理が追いつきません。コミミの方は、また後日アップします。
[PR]

by kawanotori | 2012-01-18 22:48 | カモ類
2012年 01月 15日

ルリビタキとムギマキ

今朝は、曇り空ですっきりしない天気ですが、先週のムギマキを探しに再び山へ行きました。
到着してすぐに、ルリビが来ました。
c0075539_20432241.jpg

今年の♂は、太い眉毛(眉斑)で九州男児のような顔つきです(笑)。暫くこのルリビが出たり入ったりで楽しませてくれました。
c0075539_20474248.jpg

10時過ぎからは、ムギマキも姿を見せてくれたのですが、動きが早くて腕が付いていかず、ピンボケ写真の量産でした。ようやく撮れた写真も枝被り・・・。
c0075539_20531436.jpg

今日は、ルリビが何度もホバってカラスザンショウの実を食べるところを見せてくれました。
c0075539_20551175.jpg
c0075539_20553247.jpg
c0075539_20564482.jpg

少し明るくなった時に再びムギマキがやって来ました。
c0075539_20582868.jpg

何とかムギマキも撮れたので、安心して山を降りました。
[PR]

by kawanotori | 2012-01-15 20:59 | ヒタキ
2012年 01月 14日

干拓地の猛禽

土曜日は実家に帰る家内を駅まで送ってそのまま高速に乗りました。
向かった先は、西の干拓地です。実家に帰った時も見られるハイチュウの♂が撮れたらと思って出掛けました。
到着すると、以前色々見ていた干拓地は工事中でダンプカーがひっきりなしに通って、トビくらいしかいません。
新しい干拓地の奥の葦原で猛禽を待つことにしました。しかし、何となく靄っていて、チュウヒ、ハイチュウ♀など飛んでる姿は確認できるのですが、写真になりません。
c0075539_2034127.jpg
少し近い木(と言っても100m位あると思いますが)にコチョウゲンボウらしい鳥が止まりましたが、これも証拠写真以下でした。
c0075539_20342519.jpg

堤防の道にM.K夫妻をお見かけしたので、そちらに移動して話しているといると、チョウゲンボウがすぐ近くの低い枝に止まりました。
c0075539_209658.jpg

人に慣れているのか、この枝で暫くジッとしていました。
昼前から、今回のもう一つの目的のナベコウを探して2時間ほどグルグル回りましたが、今年いるらしい場所にも、去年いた場所にも姿がありません。後で聞くと抜けたのではということでした。

2時過ぎに干拓地の駐車場に戻った時に上空をツルの群れが飛んで行きました。
c0075539_20171833.jpg

仕方がないので、再び猛禽狙いで葦原へ移動します。入り口で小さな猛禽モズ
c0075539_2014918.jpg

展望台の所でオオジュリン
c0075539_20151281.jpg

などを撮って待っていると、ようやく猛禽がが飛び始めました。
ハイチュウ♀
c0075539_2020750.jpg

別方向から飛んできたのは、チュウヒでした。割と近かったのですが、気づいた時はすぐ横でした・・・。
c0075539_20211925.jpg

3時過ぎになりそろそろ帰らねばと思っている所で、ようやくハイチュウ♀が近くを飛んでくれました。最初は遠かったのですが、
c0075539_20243291.jpg
だんだん近づいてきます。
c0075539_20255769.jpg

最後は、結構近い所をこちらを見ながら旋回していきました。
c0075539_2027361.jpg

ハイチュウ♂は、ナベコウを探しに移動している時に別の干拓地にいたとのことです。
猛禽は、他にハヤブサもいました。
c0075539_20292144.jpg

おまけは、溝の横でジッとしていたホシゴイです。
c0075539_20302254.jpg


久しぶりの干拓地でしたが、工事なども入っていて、こちらも環境がどんどん変わっているという印象でした。
目的の鳥には会えませんでしたが、ハイチュウ♀が割と綺麗に撮れたので良しとしましょう。
[PR]

by kawanotori | 2012-01-14 19:57 | 長崎県