川の鳥見日記2

kawanotori.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 29日

1年を振り返って

今年は大地震があるなど本当に大変な1年でした。
鳥の方もあの地震の後は、動向が変わったのか、こちらに来る鳥が少なかったような気がするのですが・・・。
1年を振り返ってみると1月は初認の鳥に出会い順調なスタートでした。
ハギマシコ
c0075539_21255026.jpg

2年前遠征して、夕方諦めて帰った後に出たという話を聞いた時はものすごく落ち込んだのを思い出しました。今回は綺麗な♂ではなかったのですが、念願の鳥でした。
2月に入るとこれもずっと見たかったヤマシギに出会えました。
c0075539_21333956.jpg

憧れの頭の横縞模様を見れました(笑)。
そして全く予想もしていなかったクロウタドリが地元に来てくれました。
c0075539_21373798.jpg
ヨーロッパでは普通に見られる鳥のようで、天草などで記録があるようですが、地元で会えたということに価値があります。

この後、3月11日の東日本大震災を挟んで、鳥見の成果はさっぱりでした。
3月11日は翌日の九州新幹線の開業を控え、12時45分頃にブルーインパルスの練習飛行を会社の屋上から眺め、仕事している時14時45分過ぎに東日本大震災のニュースを聞きました。
慌てて見たワンセグのテレビの中で、まるでCG映画を見るように田圃が津波に飲まれて行くシーンが今でも忘れられません。

その後は、鳥見に出かけてもこんなことをしていていいのかという思いも過り、今一乗れない鳥見が続きました。
おまけに春の地元の公園は入る鳥も少なくさっぱりでした。
それでも今年は、実家の裏山でサシバやキビタキ、サンコウチョウに会えたのは大きな成果でした。

秋になって初めてアカハラダカの渡りに出掛けたのですが、50羽ほどと例年の10分の一以下の結果となりこれもルートが変わったのではと心配になりました。
c0075539_2155282.jpg

一緒に見られたチゴハヤブサは良かったです。
c0075539_21561018.jpg


そして11月になって私の実家近くから、カラムクドリの情報が入ってきました。
c0075539_21583658.jpg

ちょうど実家に帰る用事があった時で何度か会うことが出来ました。
そして、一緒に来てくれたギンムクドリも大きな成果でした。
c0075539_2215765.jpg


今年は今回追加の写真がなかったサシバを含め、8種のライファーゲットとなりました。
以前にアップし損ねていたカリガネを含め、写真のアップが出来た鳥は291種となりました。

来年は何とか300種の大台に乗せたいと思っています。

フィールドでお会いしてもご挨拶も差し上げずご無礼したことも多々あると思います。単に鳥を見るのが好きな馬鹿な親父の行動とご勘弁下さい。
今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]

by kawanotori | 2011-12-29 22:07 | 野鳥


<< ハヤブサ      マミチャジナイ >>